Amazon限定のカゴメ「植物性たんぱく質がとれるスープ」全4種類をレビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
カゴメ植物性たんぱく質がとれるスープ サムネイル

こんにちは、よぴです。

カゴメといえば野菜ジュースやケチャップが定番と思いますが、スープも扱っています。

実はスープ商品の中でも、Amazon限定商品があるのをご存じでしょうか。

今回は「植物性たんぱく質がとれるスープ」全4種類を紹介します。

実際に買ってみて、豆や大豆ミートが食べられるスープと分かりました。

普段Amazonでお買い物をされる方、通販限定商品が気になる方は是非読んでください。

目次

実食レビュー

カゴメ 植物性たんぱく質がとれるスープ 4種類パッケージ

植物性たんぱく質がとれるスープは全部で4種類。単品で1袋ずつ購入しました。

  • 完熟トマトのチリビーンズスープ
  • ごろっと豆のほうれん草チャウダー
  • ひよこ豆のパンプキンチャウダー
  • 根菜の担々スープ

袋のまま温められるレトルトタイプです。

湯煎調理の場合は約4分間。

カゴメ 植物性たんぱく質がとれるスープ 湯煎調理

電子レンジ調理の際は600Wで約1分30秒。

カゴメ 植物性たんぱく質がとれるスープ 電子レンジ調理前

加熱後は袋が膨らんで熱くなりますので、やけどに注意しましょう。

カゴメ 植物性たんぱく質がとれるスープ 電子レンジ調理後

完熟トマトのチリビーンズスープ

スープはほんの少しピリ辛。トマトの味は強くないです。

他のおかずやごはんに合わせると美味しく食べられると感じました。

完熟トマトのチリビーンズスープ

とうもろこしが小さかったのは残念。

一方赤いんげん豆、大豆ミート(粒状大豆たんぱく)が沢山入っていて満足感がありました。

完熟トマトのチリビーンズスープを食べる

大豆ミートは鶏ひき肉に近い見た目と味でした。

ごろっと豆のほうれん草チャウダー

チリビーンズと担々スープに比べると味は薄いですが、胡椒のような香辛料の味は感じられました。

ごろっと豆のほうれん草チャウダー

具材はひよこ豆、にんじんのみ。

ひよこ豆は29粒も入っていたので満足でした。一方にんじんはひよこ豆より小さかったです。

ごろっと豆のほうれん草チャウダーを食べる

気になったのは、他の3種類とは違って大豆ミートが無かった事。

せっかくなら4種類全部に入れてほしいなと思いました。

ひよこ豆のパンプキンチャウダー

4種類の中では最も薄味でした。

ひよこ豆のパンプキンチャウダー

具材は野菜が無く豆のみ。

ひよこ豆が20粒、枝豆が13粒、さらに沢山の大豆ミートも入っていました。

ひよこ豆のパンプキンチャウダーを食べる

かぼちゃよりも豆の存在感が大きいスープでした。

根菜の担々スープ

ほうれん草とかぼちゃに比べると辛味が付いていました。

担々スープですが、辛いのが苦手な方でも気にする程ではないと私は思います。

根菜の担々スープ

湯煎で温め過ぎたせいか、汁気が無くなってあんかけのようになりました。

しかしごはんに合うおかずになったので、全く問題無かったです。

根菜の担々スープを食べる

具材のメインはたけのこと大豆ミート。たけのこはちゃんと食感がありました。

たけのこよりも小さいですがにんじんも入っています。

メリット、デメリット

メリットとデメリットの天秤 イラストACより

4種類食べて感じた、良かった点と気になった点です。

メリットデメリット
大豆ミートが食べられる(ほうれん草以外)
香辛料がアクセント
野菜と具材の品目が少ない

大豆ミートが食べられる

ほうれん草チャウダー以外は、具材として大豆ミートが入っています。

原材料名は「粒状大豆たんぱく」で鶏ひき肉に近い味。

私は初めて食べましたが、全く抵抗無く食べられました

大豆ミートはお肉よりも高価で調理が面倒と思っていましたが、レトルトで手軽に摂れるのは良いですね。

香辛料がアクセント

チリビーンズスープと根菜の担々スープは、食欲が上がる辛味がありました。

単品で食べるより、ごはんや他におかずと一緒に食べると美味しく感じられると思います。

ひよこ豆のパンプキンチャウダーは薄味だったので、私の中で順位は下がります。

おすすめはトマトのチリビーンズと担々スープ。ごはんと相性良し。

野菜と具材の品目が少ない

ひよこ豆より小さいとうもろこし、にんじんしか入っていないので野菜は足りません。

豆と野菜を合わせても3品目なので、他の具だくさんスープ商品に比べると劣ります。

野菜は他のおかずで摂りましょう。

カゴメ野菜と豆の具だくさんポタージュと比較

カゴメ植物性たんぱく質がとれるスープと野菜と豆の具だくさんポタージュの比較

同じくカゴメのスープ商品である「野菜と豆の具だくさんポタージュ」と比較しました。

私個人の感想なので参考までに。

カゴメのスープ2商品の比較

植物性たんぱく質
がとれるスープ
野菜と豆
ポタージュ
味の特徴香辛料野菜だし
豆の特徴大豆ミート特になし
野菜少ない美味しい
内容量160g140g
価格
(1袋当たり)
346円349円
電子レンジ
調理
袋のまま容器に移す
価格はAmazon参照(2023/12/14時点)

内容量は植物性たんぱく質がとれるスープの方が20g多いです。

美味しさは野菜と豆の具だくさんポタージュに勝つほどではなかったですが、大豆ミートは他に無い特徴です。

ちなみに野菜と豆の具だくさんポタージュはAmazon以外の通販サイトでも購入可能です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

まとめ

カゴメの植物性たんぱく質がとれるスープ全4種類の紹介でした。

  • Amazon限定でセットと単品が販売中
  • 大豆ミートが沢山食べられる
  • 野菜は少なく小さい
  • おすすめはチリビーンズと担々スープ

私は大豆ミートの美味しさとスープに合うことを知るきっかけになりました。

たんぱく質の摂り方を意識している方は食べてみて下さい。

今回は以上です。ありがとうございました。

プロフィール

ひとり暮らしの会社員。
関西出身、関東在住。
スープは食べる専門。たまに簡単なアレンジレシピは作ります。
リゾットやカレーも好きです。

目次