ハウスのレトルト!北海道産チキンの濃厚スープカレーを食べてみた

ハウススープカレー

こんにちは、よぴです。

お家でレトルトカレーを食べる方、スープカレーという選択肢は如何でしょうか。

スープカレーにもレトルト商品が沢山あるんです。

今回は「ハウス食品 北海道産チキンの濃厚スープカレー」を紹介します。

スープカリーの匠(たくみ)というシリーズの、レトルトタイプの商品です。

参照:スープカリーの匠 ブランドサイト ハウス食品

目次

スープカリーの匠(たくみ) 北海道産チキンの濃厚スープカレー

ハウスのスープカレーは箱が厚い

通常のレトルトカレーの倍くらい箱の厚さがあります。

スープカレー専門店である札幌らっきょ監修とのこと。

全国販売で、スーパーや通販で購入出来る市販品です。

私は今年初めてスーパーで見かけたのですが、2005年2月に発売されたそうです。

参照:ハウス「スープカリーの匠」シリーズ<レトルトタイプ><ペーストタイプ>8月17日から発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品 (housefoods.jp)

希望小売価格(税別)は525円(2023/4/24時点)。

ハウスのレトルトカレーの中ではお高めです。

箱を開けると、自立するほどマチのある袋に入っています。

ハウスのスープカレーの袋

大きい具材が入っているのかな?と期待が膨らみました。

湯煎で7~9分加熱して完成です。

ハウスのスープカレーを湯煎で温める

実食レビューとおすすめポイント

こちらが完成した状態です。スープたっぷりで美味しそう。

出来上がりのスープカレー

最初にスープのみ味わってみると、少し辛めだなと感じました。

中辛で辛味順位が5段階中4と箱に表示されているのですが、納得しました。

スープカレーのスープ

具材が大きい

期待した通り、具材がどれも大きかったです。

全体的にやわらかめでしたが、しっかり食べ応えがありました。

1つめの具材はゆでたまご。まるごと1個入っています。

スープカレーのゆでたまご

中身は黄身が多めだったのが嬉しかったです。

スープカレーのゆでたまごの中身

2つめは北海道産チキン

スープカレーのチキン

特別美味しいとまでは感じませんでしたが、カレーに合う鶏肉でした。

3つめはじゃがいも

スープカレーのじゃがいも

4つめの最後はにんじん。3個入っています。

スープカレーのにんじん

身近に感じるカレーの味

スープと具材をある程度堪能した後、ごはんと一緒に頂きました。

スープカレーとごはん

ごはんと一緒に食べると、辛さがマイルドになって食べやすく感じました。

スープカレーをごはんと食べる

カレー自体は、今まで食べたことのあるような親しみやすい味でした。

家庭で味わえるハウス食品のカレーならではだと思いました。

まとめ

スパイス入りのスープである一方、辛すぎず、カレーで定番の具材も入っていました。

ハウスのカレーなので、ハズレは無いだろうと予想していた通りでした。

実は今回で食べたのは2回目でしたが、何回食べても美味しいです。

じっくり振り返ってみて、絶妙なバランスの取れた商品だと思いました。

  • スープカレーという特別感、ハウスのカレーという日常感
  • ハウスのレトルトカレーの中では値段が高め、スープカレーのレトルトの中では安め

北海道に特別縁は無く、日常的にスープカレーを食べる訳ではない個人の意見です。

お家でいつもと違うカレーを食べたい時、スープカレーを手軽に食べたい時におすすめです。

今回は以上です。ありがとうございました。

プロフィール

ひとり暮らしの会社員。
関西出身、関東在住。
スープは食べる専門。たまに簡単なアレンジレシピは作ります。
リゾットやカレーも好きです。

目次