【カルディ】レモンクリームスープ&ビーツのポタージュ 正直な感想

カルディ ビーツのポタージュとスープスープレモンクリーム サムネイル

こんにちは、よぴです。

今回は4月に購入したカルディオリジナルのスープ2種類を紹介します。

1つはレトルトシリーズ「スープスープ」のレモンクリームスープ、もう1つは牛乳に混ぜるだけビーツのポタージュです。

参照:カルディオンラインストア

レモン、ビーツどちらもスープとしては珍しいと思ったので興味本位でした。

牛乳か豆乳が必要ですが、ビーツのポタージュが美味しかったです。

一方レモンクリームスープは微妙でした。詳しく感想をお伝えします。

目次

スープスープ レモンクリームスープ

黄色と白色の爽やかなパッケージが目を引きました。

内容量は160g、店頭価格は230円(税込)でした。

カルディスープスープレモンクリームの店内ポップ
2023/4/2時点

湯煎または電子レンジどちらも可能です。

私は出来る限りアツアツの状態で食べたいので、湯煎にしました。

カルディスープスープレモンクリームを湯煎調理

5~7分温めれば完成です。

実食レビュー

カルディスープスープレモンクリーム

レモンの香りは感じられず、それどころか無臭でした。固形や色で分かる具材は無し。

同じスープスープシリーズのコーンスープを少し薄くしたような色でした。

カルディスープスープ レモンクリームとコーンスープの色の比較
左:コーンスープ 右:レモンクリームスープ

レモンの味は舌の上でうっすら感じた程度です。味が薄いのは残念でした。

カルディスープスープレモンクリームを飲む

さっぱりしているので口直しには良いと思います。

私は鯖寿司やサバサンドをイメージして、焼いたさばと一緒に食べました。

味の濃い主菜(さば)と味の薄い副菜(レモン)の相性は良かったです。

レモン味はちょっと期待外れ。味の濃いおかずには合う感じです。

牛乳に混ぜるだけ ビーツのポタージュ

パッケージのイメージ写真がハート付きのピンクなんです。

実際はこの通りにならないと分かっていても、可愛さに惹かれました。

2袋入りで198円(税込)でした。

カルディ牛乳に混ぜるだけビーツのポタージュ 店内ポップ
2023/4/2時点

作り方

牛乳や豆乳など好きなものに溶いて作ります。

温めても冷やしてもOKです。今回は両方チャレンジしました。

カルディ牛乳に混ぜるだけビーツのポタージュ 作り方

中身はペースト状で1食ずつ個包装されています。

カルディ牛乳に混ぜるだけビーツのポタージュの中身

今回は200mlの豆乳を準備。1食100mlで作りました。

カルディビーツのポタージュの中身と豆乳

温めて飲んでみた

豆乳を電子レンジで温めた状態。

カルディビーツのポタージュの中身と温めた豆乳

スープの素を入れてよく混ぜましたが、完全には溶けず均一な色にならなかったです。

温かいカルディビーツのポタージュ

ピンクというよりは明るい紫色に仕上がりました。

粉末タイプとは違い、ダマが出来る心配が無い所は安心ですね。

温かいカルディビーツのポタージュを飲む

口に入れると、ビーツペーストの酸味と玉ねぎペーストの旨味を感じました。

私の味覚では、味の割合は玉ねぎ:ビーツ=6:4です。

冷やして飲んでみた

冷たいカルディビーツのポタージュ

冷たい豆乳に入れてよく混ぜました。温めたときよりは若干ピンク寄りになりました。

温かいスープと同様、ペーストは完全に溶けず粒が残りましたが、飲んでも気にならなかったです。

冷たいカルディビーツのポタージュを飲む

温かいスープと冷たいスープの飲みやすさは同じ

hot or cold

温めても冷やしても、豆乳独特の風味が無くなり飲みやすかったです。

牛乳ではなく豆乳を選んだ理由の一つに、スープにすることでどの位飲みやすくなるか検証したかったという点がありました。

違いを上げるなら、冷たい方が少し玉ねぎの味が目立っていたかなと感じた位でした。

朝は冷たいスープですっきり、夜は温かいスープでほっこりという使い分けが可能です。

2袋入りなので、私のようにどちらも試してみるのも楽しいと思います。

より飲みやすさを重視するなら、温めて飲むのがおすすめ。

まとめ

レトルトタイプのレモンクリームスープ、牛乳や豆乳に混ぜて作るビーツのポタージュを紹介しました。

レモンクリームスープは期待外れでしたが、ビーツのポタージュは買って良かったです。

牛乳や豆乳があれば、インパクトのある色のスープを楽しむことが出来ます。

定番とは違うスープを飲みたい方におすすめです。

以下の記事では、3月に購入したスープリゾットのサーモンクリーム味を紹介しています。

カルディのスープコーナーに一緒に並んでいるかもしれませんので、見つけて気になった方は、合わせて読んで頂ければ幸いです。

今回は以上です。ありがとうございました。

プロフィール

ひとり暮らしの会社員。
関西出身、関東在住。
スープは食べる専門。たまに簡単なアレンジレシピは作ります。
リゾットやカレーも好きです。

目次